これから家づくりを始める人必見!?注文住宅に関してのよくある疑問を解決します

注文住宅を建てる時によくある疑問として、予算のことはよく話題にのぼります。
費用がかさむと言われている注文住宅では予算決めが重要であり、家づくりにかかる費用には幅があります。
予算に合わせて間取りや設備、部材等を決めていくのですが、通常は手持ちの資金だけでなく住宅ローンで借りる額を合算して、トータルを予算とするのが一般的です。
自己資金には、親や親族から援助してもらえる分を含め、住宅ローンは安全に返済できる額を想定します。

都市計画道路予定地に注文住宅を建築することは可能?

注文住宅を建てようとする土地が都市計画道路の予定地だった場合、結論からいえば注文住宅をそのまま建築することは可能です。
もっとも都市計画道路とはいっても、計画を決定しただけで具体的な時期や方法などの目処が立っていない段階と、すでに事業化されている段階の両方があり、後者の場合であればやはり新築は難しいといえます。
また前者であったとしてもさまざまな制約条件がありますので、近隣相場よりも割安などのメリットとあわせて検討した上で、総合的に判断をするべきでしょう。
たとえば建築可能な住宅としては木造などで道路の施工が進んだ場合でも除却が容易なことが挙げられます。
一般の住宅であれば特に問題はないはずですが、堅牢な鉄筋コンクリート造のようなプランニングをしている場合には見直しが必要です。
さらに新築にも行政庁の事前の許可が必要ですので、通常の注文住宅よりも手続きのためにかなりの時間を消費するおそれがあります。

注文住宅を都市計画道路予定地に建てるときの建築制限

都市計画道路予定地に注文住宅を建てる場合、プロの視点から見た際の建築制限事項はいくつか存在します。
これらの制限を遵守することで、スムーズな建築プロセスと周囲との調和を実現するのです。
まず第一に建築高さや建物の配置に関する制限があります。
都市計画道路の予定地には、周囲の景観や交通の流れに配慮して、建物の高さや位置を制限する規定が設けられています。
プロの目から見ても、適切な高さや配置は周囲環境との調和を保ちつつ、道路の安全性や視界の確保を促進するものと認識されるでしょう。
第二に注文住宅で騒音や振動に関する規制が重要です。
都市計画道路周辺は交通量が多いため、建物の設計や素材選定において騒音や振動への対策が求められます。
これにより、住まいの居住環境が確保され、周囲の生活と調和した共存が可能となるのです。
顧客目線で見ると、騒音や振動への対策は近隣との良好な関係を築く要因として重要でしょう。
そして最後に緑地や公共スペースへの配慮も欠かせません。
都市計画道路予定地においても、緑地や公園などの公共スペースを確保することが重要視されます。
第三者から見ても、周辺環境の美化や市民の憩いの場としての機能を保つため、建物の設計や配置において公共スペースへの配慮が期待されるでしょう。

注文住宅の費用で押さえておきたい諸費用にはどのような代金が含まれる?

注文住宅の諸費用は、本体工事費や付帯工事費に該当しない費用のことです。
含まれる代金の種類は非常に多く、大きく土地購入時にかかるもの、注文住宅の建設工事の手続きの中で支払うもの、住宅ローンの利用時に払い込むものの3種類に分けられます。
土地購入時にかかる諸費用には、媒介契約を結ぶ不動産会社に支払う仲介手数料のほか、売買契約書に貼る印紙代や所有権移転登記費用、不動産取得税が挙げられます。
登記費用は、登録免許税と手続きを代行してもらう司法書士への報酬が含まれます。
建物の建設工事の手続きの中で発生するものには、工事請負契約書に貼る印紙代や所有権保存登記費、設計費、地盤調査費、建築確認申請費などがあります。
住宅ローンの利用時に払い込むものには、金銭消費貸借契約書に貼る印紙代、抵当権設定登記代、ローン保証料、火災保険・団体信用生命保険の保険料が含まれます。
地震保険も同時に契約する場合は、これに関する費用も計上されることになります。

注文住宅の家づくりで予算をオーバーしないための対策は?

注文住宅はこだわりを実現した家づくりができますが、その分コストがかさみます。
費用を気にせずに建てられる時はよいのですが、予算内に収めたいと考えるのなら、そのための対策が必要です。
具体的に注文住宅の予算を抑えるための対策として、家づくりはできるだけ正方形や長方形のようなシンプルな形にするのがお勧めです。
複雑な形になると、その分高額になります。
和室が多いと建てる時にも高くなりますし、その後もメンテナンスが必要になりますので、和室から洋室に変えるのも一つの方法です。
注文住宅を建てる時は和室の数をできるだけ減らし、洋室をメインにすると少し安くなります。
使う部材や設備のグレードを落とすことも考える必要があります。
部材に関しては、こだわっている部分はグレードの高いものにして、こだわらない部分やあまり使わないスペースに関しては少し落としても良いかもしれません。
設備面では色々な機能があった方が便利なように感じてしまいますが、複雑になると故障も多いので、必要最低限の機能が搭載されているものがお勧めです。

注文住宅の構造と工法とは?それぞれの意味を解説

自由設計の注文住宅であれば外観デザインはもちろん、室内の間取りやインテリア、さらには水回りの設備や外構部分に至るまで、家づくりのあらゆる部分を施主さんの希望通りに仕上げることが可能です。
ただし理想の注文住宅を実現するには、自分たちの条件や希望にふさわしい構造や工法を採用しなければなりません。
そのため構造や工法については、事前に意味を理解しておくことが求められます。
まず構造で知っておきたいのが、やはり木造でしょう。
その名称の通り木材を使用した住宅構造であり、伝統的な木造建築の住まいでは、古くから幅広く継承されてきたオーソドックスなタイプと言えます。
そしてこの構造では、木造在来工法を採用されるケースが一般的です。
これは在来工法とも呼ばれ、土台の上から木材の柱や梁そして屋根へと組み上げていくことで、間取りの高い自由度を実現できる点に、大きな特徴があります。
もう1つ注文住宅の構造で人気があるのが、鉄筋コンクリート造。
その名称の通り、これは鉄筋とコンクリートを使用した住宅構造で、RC造の略称で知られます。
この工法では鉄筋の型枠にコンクリートを流し込んで、柱や壁などを作り上げていきます。
鉄筋とコンクリートの相乗効果によって、優れた耐久性や遮音性を発揮するとされます。

注文住宅の依頼先は建てたい家の構造や工法で決まる

建設の構造にこだわりを持ちたい場合は、それを実現できる注文住宅の業者に依頼しなくてはいけません。
実際に、同じように見えるハウスメーカーや工務店であっても強みを持っている分野は工法はかなり違います。
例えば、在来工法を得意としている場合は、注文住宅の中でも自然豊かな木造建築が得意であるケースが多いです。
反対に、先進的でデザイン性に優れた建設を相談したい場合には鉄筋コンクリートなどを用いた依頼をしなくてはいけないのでそういった手法に造詣が深い所に相談しなくてはいけません。
現実的にも、依頼先に関しても大手のハウスメーカーと地域性が存在する工務店では提供するサービスの範囲も違います。
あらかじめプランが提供されているものもあれば、非常に細かくカスタマイズしていくことができるものもあります。
これは、注文住宅の構造面であっても全く変わりありません。
家族の要望に応えられる構造を実現できる依頼先をまずは見つけることです。

木造で在来工法の注文住宅は間取りの自由度が高いメリットを持つ

注文住宅の魅力は、何といっても設計の自由度が高いことです。
そのため自分たちの理想の家づくりを実現するためには、それに見合った工法を選ぶことが大事。
例えば木造の注文住宅を希望するのであれば、やはり伝統的な在来工法を選択するケースが少なくありません。
これは木造軸受工法とも呼ばれ、基礎の上に木材の柱や梁そして屋根などを組み上げていく施工法を指します。
この工法の大きなメリットは、間取りの自由度が高く、完成後のリノベーションがしやすいことです。
すなわち柱と梁そして屋根を組み上げて建物全体の構造を築いて、その後から壁や床といった内部構造を作っていくため、間取りを自由に決めることが可能です。
また内部構造の壁や床などは、後からでも取り外すことが出来るため、入居後に間取りを大幅に変更したい場合などは、リノベーションしやすい工法と言えるでしょう。
なお昔から幅広く普及してきた在来工法は、大手ハウスメーカーから小規模な工務店まで対応しているケースが目立ち、依頼先の選択肢が多いこともメリットとして見逃せません。

注文住宅の工法ごとの坪単価の相場はどのくらい?

自由設計の注文住宅であれば、外観デザインや間取りなども、施主さんの思い通りに仕上げることが可能です。
ただし自分たちの理想にふさわしい工法を取り入れる必要がありますし、自由設計の分だけ費用も高額になりやすいので、しっかりと資金計画を建てることが求められます。
そのためには工法ごとの坪単価の相場を知っておくと、後から何かと役に立つはずです。
例えば木造の注文住宅で最もオーソドックスな工法といえば、木造軸組工法でしょう。
間取りの自由度が高く、建築後もリフォームしやすいといった強みがありますが、坪単価の相場は約50万円から約70万円が一つの目安とされます。
注文住宅でもう1つ注目したいのが、鉄骨系プレハブ造です。
この工法では、工場で事前に軽量鉄骨をパネル状に組み合わせてあるため、建築現場では少ない工程で効率よく、短い工期で済ませることが期待できます。
この相場も坪あたり約50万円から約70万円が一つの目安。
単に費用だけでなく、自分たちのニーズや条件を考えて選択すべきでしょう。

注文住宅の家が完成するまでにはどのくらいの期間が必要?

注文住宅の家が完成するまでに必要な期間は、様々な要因によって異なります。
専門家目線で見ると、これは建築プロセスの複雑性と進行段階の相互作用に起因しています。
注文住宅は、顧客の希望や要求に合わせて設計・建築されるため、一般的な一戸建て住宅よりも時間が必要なことが多いです。
これは建物のデザイン段階から始まり、設計の詳細化、建築許可の取得、検査引き渡しまでの複数の工程が組み込まれるためです。
まずデザインと設計段階では、顧客の要望やライフスタイルに基づいて建物のプランや外観を決定します。
この段階での詳細な打ち合わせや設計調整に時間が必要なことがあります。
その後、設計図の作成や建築許可の取得といった過程が続きます。
これには地域の建築基準や法規制を満たすための調査や手続きが含まれます。
次に実際の施工段階が始まります。
建材の調達や工事のスケジューリング、施工監理など、様々な要素が組み合わさるため、工期は工事の複雑性によって大きく変動します。
建物の規模やデザイン使用する素材なども工期に影響を与える要因です。
また、気象条件や予期せぬ問題が発生した場合には工期の延長が起こることもあります。

栃木 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅を建てよう!

このサイトでは、これから注文住宅を建てようと考えている人たちにとってためになるお話がたくさん紹介されています。
建てることになった時によく疑問に思うことがあるのですが、その例と考え方を解説していますし、建蔽率や容積率に関して説明も行っています。
専門用語が出てくると難しくて理解しにくいと感じてしまいますが、最低限の知識は身に着けておくことが大切です。
ほかにも、様々な工法があることや構造に関する紹介もあります。

Search